LZHファイルの使用は危険!

9月1日は防災の日
 
で、パソコンの防災というと・・・
セキュリティ対策か、ってことになりますが、
 
最近は通信環境の向上でかなり大きいファイルの電子メール送信も
あまり気を使わなくなりましたが、ちょっと前だと、メール添付は
なるべく小さいサイズで、ってことになって、よく圧縮ファイルを利用してました。
 
が、よく使っていた「LHZ
 
ウィルス対策ソフトで検疫できない事例が続出!
 
ってことで、LZH対応の有名フリーソフト「UNLHA32.DLL」の作者が、
自身の公式サイトで、LZH形式が抱える脆弱性を解決できないことから、
ソフトの開発中止を宣言。
さらに「企業・団体ではLZH形式を利用しないように」と呼びかけたとのことです。
 
当然のことですが自分で作ったLZHファイルは何の問題もありません。
メール添付やWebサイトからダウンロードしたLZHファイルは
セキュリティチェックをしてもすり抜けちゃうわけだから、充分注意が必要ですね。
 
WindowsにはZip形式で圧縮するソフトが入っているのでこれを使ったほうがよさそうです。
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中