ユーザーアカウント制御 UAC

Windows 7には、不正プログラム対策として
「ユーザーアカウント制御」(UAC)という機能が用意されています。
 
これは、ウイルスなどの不正プログラムによって、
管理者権限が必要な設定が変更されてしまうのを防ぐ仕組みで、
ウイルスが感染を目的に、Windowsの設定を変更しようとすると、
画面が暗転し、設定を変更してよいかどうかを確認する表示が出されます。
 
Windows Vistaでは、UACの設定がオン/オフの2つしかなかったため、
オンにしておくと頻繁に警告が表示され、煩わしさを感じるし、
かといってオフにしておくのは心配だし・・・というものでした。
 
Windows 7では、UACを4段階で設定できるようになっています。
[コンパネ]→[システムとセキュリティ]→[ユーザーアカウント制御設定の変更]で
スライダーをドラッグして設定を変えることが出来ますので確認してみて下さい。
 
既定では上から2番目の設定になっているようです。
2番目と3番目の違いは画面を暗転するか否かが違うだけらしいですが
安全性には差があるような書き方がされていますね。
 
(私の設定は上から2番目何ですがやっぱりたびたび煩わしく思います)
 
ちなみにXPにはUACはないようです
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中